14年間の実践記

本ページを作成した理由、施行された家族の紹介で入会に来られる方が大半、その多くから「なぜ葬儀支援を始めたのですか?」「知人から本があると聞いてきたのですが――、」と言われる事が多いのですが、著書データは全て消去してあるし、著書も完売して在庫はありません。そこで記憶を振り返っての執筆と、千件以上の施行の中から、強く我々の記憶に残る施行の実践記を書くことで、皆さんが知ってる葬儀屋と、葬儀支援の違いを実践記の中で理解できるよう――、また我々同様に葬儀支援を目指す方には、先人からの参考書にもなってくれることでしょう

生き方の葬儀屋さん誕生までの経緯

第一話 父親逝去の一報
第二話 父親の最後を看取ってくれた人
第三話 不思議な出会いの始まり
第四話 最悪な葬儀屋
第五話 老人との会話から『5万円火葬支援パック』を目指す
第六話 5万円火葬実現の為にクリアすべきハードルの数々
第七話 5万円火葬実現で最大の難関は霊柩車の取得でした
第八話 霊柩車を動かすには国交省の試験や許可が必要
第九話 散骨場の取得
第十話 あんしん館オープン
第十一話 突然NHK記者から取材依頼(僕が感じる天職とは)
第十二話 火葬+散骨=ぱっく60設定
第十三話 あんしんサポート永代供養墓建立
第十四話 墓閉じ、墓誌彫り、納骨
第十五話 合同新盆法要、合同永代供養墓法要
第十六話 式場祭壇を無料で豪華に飾る
第十七話 NPO法人の閉鎖を決めた理由(わけ)
第十八話 「葬儀支援は行政がすべき事」では何も変わらない
第十九話 午後葬式、翌朝火葬の葬式提案
第二十話 我が天職「生き方の葬儀屋」を貫く(最終話)

強く心に残ったお葬式他

家族目線なら見える葬式の『それ変だろ!?』

1. 死んで逢いたい、はぁ?逢うなら生前だろ!?
2. 信仰心も無いのに仏式の葬式!?
3. 葬式で騒いでも故人は嬉しくない、騒ぐなら存命中だろ!?
4. 金を出さない親戚、なぜ葬式に口を出す!?
5. 読経戒名がないと浮かばれないと言う僧侶。はぁ!?
6. 香典額の半返し、最初から半額包んで返礼無しでいい
7. 葬儀業界のマナーは理解不能
8. 毎日入れ替えるドライアイス、なぜ入れ替える!?

タイトルとURLをコピーしました