6. 香典額の半返し、最初から半額包んで返礼無しでいい

理解できないひとつに香典返しがある。前橋を例に言うと『一般香典』と『新生活香典』がある。
『一般香典』5,000円~上限なし、『新生活香典』1,000円~3,000円まで
新生活香典は群馬県と周囲一部にしか存在しない香典習慣だと思いますが、趣旨は「お互い様だから返礼品は無しにしましょう」が始まりだったはずなのに、いつの間にか新生活用の返礼品を用意するのが当然となり効果半減、これ全て葬儀屋が儲けたい一心で行った結果は明白です。故人の子供達の知り合い等は5,000円香典の慣習もあり、消費税が赤字になる現実もある。

また一般的に1万円包むと、5千円相当の香典返しを渡される。さすがに最近は白砂糖を数袋詰めた返礼は見ませんが、様々な詰合せ、お茶、海苔など、何を貰ったとしても欲しい物は無いのが本音、なら最初から5千円包んでお返し無しで良くねぇかぁ!? 

親戚関係によって香典10万円のお互い様もありますが、親戚でも生活水準が違うし、時代により生活も違ってくるし、家族毎に葬式数も違うのだから、決して平等に成らず良い習慣とは思えない。

個人的な本音を言えば『香典無用』『生花スタンド無用』『供物類一切無用』が理想的だろう。家族で葬式とお別れを済ませたあと、一般会葬者は定められた数時間の間に、自分の都合と手ぶらで会葬に行き線香を供え帰ってくれば良いし、家族と親交の深かった人なら、家族の迷惑に成らない程度で話してくれば良い。何も持って行かず、何も貰わない――、これが葬式の基本となれば、おのずと葬式の形態は良い方向へと変わるだろう。

すぐに無香典葬式の実現が難しいなら、香典5,000円以下とし、返礼品無し、或いは形だけの返礼品とすれば、すぐにでも変更可能だろう。行く側も、迎える側も、負担は減るし香典額など余計な心配をせず会葬に行ける葬式となるだろう。

その意味では清め料理も同様だろう。今の時代、そもそも食いに来てる訳じゃない。昔は食う事さえまともに出来ない時代だったから、滅多に無い葬式は見方を変えれば一種のお祭りだったけど、今は食い過ぎて糖尿病になる時代――、基本的な葬式の流れを『食事不要』の時間帯に組めば簡単に変化するし今の葬式より温かく送れる葬式にもなる。

タイトルとURLをコピーしました