初めての葬祭扶助は巨漢の故人

法人設立3年後の2011年3月1日、第一目標の『5万円火葬支援パック完成』翌日、一度伺ったことのある隣接市の筋ジストロフィーの女性から、自分を介護してくれてる人の息子さんが、突然亡くなり、お金が無いので火葬だけして欲しいと連絡、遺体は自宅にあるとの事で、ドライアイス、自宅安置用具など準備を整えると車で40分ほどの距離にある借家の自宅に到着、1階は6畳ひと間、半分は物があり使えず、空いた半分に敷いた布団に大きな身体の男性が横たわっていますが『で、でかい・・・』普通サイズの棺では無理、瞬時に判別できるほど大きな体格です。

母親らしき人と簡単に挨拶をし、火葬だけの葬式で良いか確認をしてから、故人の事を聞く、
「故人の身長と体重は分りますか?」
「身長185cmくらい、体重150㎏くらいだと思うけど大きいよね」
布団を剥いでみると、自身の重さで横に広がり更に『でかい!』最大の棺でも入るかどうか、胸の上で合掌が組まれ肘が横に張り、このまま硬直したら絶対に入りません。
「この合掌は警察の検視官がしてくれたのですか?」
「はい、そうですが・・・」
「今の状態では棺に入らないので、紐とか帯のような物はありますか?」

お母さんは2階から帯揚げを持ってきてくれました。合掌は解き腕は身体の前に置き帯揚げで上腕部を縛ります。それでも既製品では一番大きな、六尺五寸ワイド棺を使用するしかない旨を伝え、完成したばかりの5万円火葬支援パックの説明をしていると、
「うちはさぁ、生活保護所帯だから、お金無いし出来るだけ安いのでお願いしたい」
「ん!? 今生活保護所帯って言いました? 息子さんと2人の世帯が生活保護ってこと?」
「うん、確かそうだけど・・・」
「なら、すぐに市役所に行って確認しましょう。今回の葬式代は全て支給されるかもしれません」
「えっ、そうなんですか?」

まだ正確には分りませんが、と前置きして、
「3級市だから最大180,300円上限の葬祭扶助が受けられ、読経料も謳ってありますが、実際には火葬に必要な費用だけでしょう。警察が依頼した死体検案料金も計上できるはずです」

火葬後では請求できませんから、すぐに市役所の福祉課に行き、息子さんが亡くなった事を伝えると、葬祭扶助申請書を渡され、事前確認しておこうといくつか確認してると、市の職員から、
「ドライアイスは認められてないんですよ」
『はぁ? なに言ってんだこいつ』と思いましたが、そこで反論すると長くなるので聞き流し、申請の流れだけ確認すると、その足で検視した病院に電話を入れ死体検案書を取りに行きます。

個人医院に行くと検案書は35,000円、用紙は全く同じ死亡診断書なら5,000円7,000円ですから、5倍の料金となりますが、死亡診断書のコピーを警察に持っていくため支払ってきます。立て替えるけど最終的には一銭も掛からないはずと、お母さんに伝えるとホッとしたように言いました。

「生活保護なら火葬代も出るんですね。助かります」
「お母さんの言ってる事は、ちょっと違う気がするので説明しておくね」
「生活保護だから葬祭費が出る訳ではありません。生活保護はあくまで生きてる時に支給されるもので基本的に死後費用は出ません。但し今回の場合で言うと、息子さんの葬式をするお母さんが生活保護だから支給されるんです。息子さんに支給されるわけではありません」

ドライアイスの件ですが、後日請求書と明細を持って市役所にいくと、再度ドライアイスの話が出たので、1回の使用は認められてるからと伝え、手引きを確認して貰い全ての費用が賄えました。

火葬前日、身体の大きな故人ですから、きっとご飯も沢山食べるだろうと事務所で3合のご飯を炊き、ひとつは海苔を巻き、ひとつは真中に大きな梅干しを入れ、2つの大きなおにぎりを千明が作って棺の中に入れました。また、この地域は出棺時に庭で棺をグルグル回す習慣があると近所の人は言いましたが、持ち上げるだけでミシッと音がするほど大きな故人だし、男10人でもやっと持ち上がるほど重いのですから、今回は止めて頂きました。通常90分の火葬時間が3時間待ち――、身体が大きいと火葬時間も倍掛ると分り、逆を言えばガリガリで細い人なら60分後には拾骨できるということですから、マニュアル通りに時間を伝える職員の場合、あとで僕の想定時間を家族には伝えることもあります。

この葬式から学んだのは『葬儀屋は葬式だけ出来ても駄目、人の死に関するあらゆる知識が家族の生活を守ることに繋がる』でした。僕が死体、死後手続きなどの知識を持つようになったのは、この葬式がきっかけかもしれません。4月の合同散骨に参加され母親と兄で散骨しました。

タイトルとURLをコピーしました