一人暮らしのお婆ちゃん焼死

霊柩車は所持してましたが、あんしん館の設置前、69才のお婆ちゃんから電話で入会したいけど、移動手段が無いと市内の自宅に伺って事前相談しました。複雑な生い立ちのようで、義理の父親から性的な暴行を受けてた事から、人間不信になったのでしょうか、周囲の人達は誰も信用できないが、唯一孫だけは――、と言ってたように思います。

一軒家に一人住まいでしたから、唯一信頼するお孫さんとの同居を勧めましたが、まだ70才前だった事もあり、さほど問題は無いだろうし、女性は強いですから、終幕は10年、20年後が普通ですから入会の手続きが済むと、今は元気だけど、人間はいつ何があるか分らないし、独居生活だから、転んで骨折して動けなくなる事もあるから、会員証は市から配布されてる筒に入れ、冷蔵庫に入れておけば、もしもの時は連絡して貰える確率は上がるし、できるだけ早い段階でお孫さんと同居するよう伝えました。

2015年11月10日、午後6時、入会から3年後、突然お婆ちゃんの孫と名乗る方から電話で、
「お婆ちゃんの家が全焼でお婆ちゃんも焼死、今は警察署にいるのですが、冷蔵庫から自分にもしもの事があったら連絡するよう書かれたメモと会員証が出てきたので連絡させて頂きました」
「〇〇警察署ですか?」
「そうです」
「分りました。お婆ちゃんの希望は「ぱっく60」で、10万円はお預かりしてますから、消費税8,000円だけお預かりする事になりますが宜しいですか?」
「はい、結構です」
「分りました。担当の刑事さんに搬送できる日時の予定を確認したら再度連絡して貰えますか?」
「はい、分かりました。宜しくお願いします」

警察からの指定日時、警察署の裏、冷蔵庫のある部屋前に寝台車を駐車すると、担当官と冷蔵庫から白い不織布?の納体袋を出し、死体の腕か足に付けられたタグを外しますが、その際に見えたのは真っ黒で炭状になったお婆ちゃんの死体と焦げた臭いでした。

死体袋は基本2種類あり、腐敗の少ない死体や、体液の出ない死体は不織布のような袋、腐敗が進んだり、体液の出る死体はターポリンかゴム製?の袋を使用します。不織布制はそのまま持ち帰れますが、ターポリン製の死体袋は袋から出して運ぶか、同じ袋と交換すれば袋のまま持ち帰れます。最低でも1万円以上はする為、警察では洗って使いますが弊社では新品と交換します。体液が出ていると棺に入れても漏れない保証はありませんし、慣れない人が見たらトラウマになるほどショックだし、凄い死臭もしますから、ターポリン製の袋のチャックをしっかり閉じた状態で納棺、そのまま火葬するのが最善でしょう。

コロナ感染が再燃してますが、コロナ感染死も同様の袋を使用する事になっています。幸いにも今までコロナ感染死の会員さんはいませんが、その際は死体袋、使い捨て防護服一式2名分、車内消毒、斎場安置冷蔵庫の加算は避けられませんので、うちでも3万円~の加算となります。

火葬散骨は予定通り行いましたが、その後は毎年、お孫さんが盆法要に来られてます。69才の女性、冷静に考えれば老人は間違いないのですが、この年代は年寄りの自覚が無い人のほうが多いだろうと思うし、自分一人で生活したほうが気楽なのも分りますが、老いは確実に進行しています。

自分と同年代の人達を見て、若いと感じるのか、年寄りと感じるのかを確認して欲しい。もし、多くの同年代が年寄りに見えるなら、自分も年寄りなのだと自覚すべきです。しかし同居できる人が無い場合は、毎日朝と晩に「元気かい電話」をしてくれる人か、独居老人同士でお互い様電話の連絡網を作り、毎日続けることをお勧めします。

日本の人達は何でも行政に依存しがちですが、行政が全て対応できる訳で無いのは現実を見れば分かります。民生委員や自治会を通して『お互い様電話』や、もしもが心配される状況下での突入了解書など同意する人達だけでも作成し、自治会等で預かれば、救える命があるかもしれないし、もしもの時も誰にも逢えない状態になる前に発見も可能です。

今回は老人対象で書いてますが、実際は年齢など関係ありません。若くても何が起るか分らない現実は、何度も経験してますし、若いと発見が遅れる傾向にあります。一人で気楽に住む、理解も納得もできますが独居者や老人世帯は、最悪の場合を想定した対策で自己防衛しておくべきです。

タイトルとURLをコピーしました