合同散骨のきっかけになったお婆ちゃん

あんしんサポート設立から2年後、平成22年9月、高崎市在住のお婆ちゃんから電話で、散骨の話しを聞きたいとの問い合わせですが、お婆ちゃんでもあり、電話で詳細を伝えるのは難しく来館は可能か確認すると、車の運転は出来ず、足が悪いので病院に行くのも手押し車を押して行くと聞き、こちらから出掛けて行くことになりました。

予定した数日後、確認した住所を探しながら行くと、戦争で焼けなかったのか住宅が密集している中にある小さな一軒家でした。中に案内されると部屋中に色んな物が雑多に置いてあり、万年床の上には飼い猫が自分の場所だと主張するかのように座り、我々の存在など意に介してないようです。コタツの上掛けを外してテーブルとして使用してる周囲の空いてる場所に座ると、簡単に挨拶を済ませ、まずはお婆ちゃんの話しを聞くことから始まりました。

「実は去年、次男が埼玉で亡くなり遺骨が隣の部屋に置いてあります。墓も無く遺骨を見る度に何とかしなければと思ってたところ、お弁当を配達してくれるNPOの人が県庁から2枚のパンフレットを持ってきてくれたんですよ」
「2枚とは、うちと、もう一軒ですか?」
「はい、一軒はお寺が運営するNPOで助かったと思い、問い合わせし、見積もりが届いてみたら17万円ほど掛かり、その他に毎年数千円の管理費が掛ると分り、年金生活の私には無理でした」
「それでうちに連絡を――、」
「はい、8万円とあったので連絡させて貰いましたが、やはり管理費は掛かるのでしょうか?」

まずは管理費不要と答えてから、お婆ちゃんの事情をお聞きしました。家は親戚から借りており10万円にも満たない年金暮らしのお一人様、家賃、電気水道光熱費、生活費、医療費等々、全て支払ったら決して楽な生活で無いのは聞かずとも分ります。

少しの間が空き、隣に座っている千明に聞きます
「散骨費用を下げる方法ってあるか?」
「自分で粉骨して容器を省けば3万円まで可能だけど、粉骨機の金額が全く分りません」

それを聞いて僕なりに考えます。粉骨機価格は全く不明だけど、千明の試算では3万円までの値引きが可能ならば――、
「今聞かれたように最大3万円までは可能なようですから5万円で良いですよ。これが僕らのできる限界ですが、いかがですか?」
お婆さんは即答で、
「はい、結構です。来月半ばの年金が入ってからで良いですか?」
「それは構いませんけど」
「なら、お願いします。年金が入り次第連絡させていただきます」

事務所に戻るとホームページ掲載の散骨料8万円を5万円に変更、粉骨機の価格を調べてみると、数万円で買えるだろう予測は外れ40万円だと分かる。よく考えれば粉骨機など極めて特殊な人しか買いませんから高くても当然です。来月中旬までに買わないといけません。今までは散骨が入ると、業者に行き粉骨して貰ってましたから、多少経費は掛かっても赤字になる事はありませんでしたが、粉骨機を購入したら償却できる散骨数を超えるまで利益はありません。しかし散骨は必ず増える想定でしたから後で後悔することには絶対に成らないと先に進みます。

それから数日過ぎた時、お婆ちゃんの顔や会話が何度も頭をよぎるのです。さらに10日経ち、20日経っても、頭から離れることはなく、向かいの席に座る千明に言います。
「5万円で散骨引き受けたけど、このまま5万円散骨したら後悔すると思うんだよなぁ」
「で? どうせ何か考えてるんでしょ?」
「うん、遺骨を自宅に抱えて心を痛めてる人っているんじゃねぇかなぁと思ってさ」
「自宅の遺骨が精神的な負担になってるって事ですか?」
「うん、毎回は無理だけど、1回だけ全て込みで1万円合同散骨したらどうかなぁと思って」
この間、ずっと一人で考えてた内容を伝えます。すると――、
「一度なら散骨場提供者に言えば何とかなりそうだし良いかも――、ところで全て込みとは?」
「いつもの散骨内容+前橋から散骨場までバスで送り迎えして1万円って考えてたんだけどさぁ」
「・・・・・それ良いかも」

これが『1万円合同散骨』決定した瞬間でした。
粉骨機も価格が分らないうちに決め、合同散骨もバス代さえ分からないうちに決める――、何をするにもフライング気味で全て決めてから走るのでなく、決めたら走りながら考えるタイプの人間のようです。話しが決まると即刻お婆さんに電話、来年4月まで待って貰えるなら、1万円合同散骨をすると伝えると、お婆さんは嬉しそうに「待ちます」と答えてくれました。

翌年4月8日(花まつり)前橋から19名を乗せたマイクロバスで一路散骨場に向かい、各自が好きな場所に散骨、帰りはドライブインに寄りましたが皆さん笑顔でした。このお婆ちゃんは足が悪く現地に到着するとバスの中で待機、お婆ちゃんの代わりに故人の兄である長男が散骨しました。

タイトルとURLをコピーしました