第八話 霊柩車を動かすには国交省の試験や許可が必要

車好きな男性は多いけど僕は全く興味がなく、楽に運転できて安全なら何でも良いと思う人間、当時はセルシオ(600万円)に乗り、それまでの数十年はクラウンに乗ってたからか、そんな車に乗ってる人が関心ないと言っても説得力は無いと言われたけど、車の事は分らないから決まった営業マンに勧められたものを買うだけだった。

サラリーマン役員時代、都内での会議に部下数名を連れていく事になり部下たちが、
「武井さん、トランク開けて貰っていいですか?」
「あいよー」
と鍵を持っトランクを開けると各自荷物を入れ出発、すると1人の部下が言う、
「なんで鍵で開けたんですか、故障ですか?」
「ん? トランクのことか?」
「はい」
「何でって鍵で開けなきゃ何で開けるんだ? バールで壊す訳にもいかんだろ」
すると、一瞬沈黙が流れた直後、車内は爆笑に変り、
「運転席の近くにトランク開けるボタンあるでしょ!?」
すると助手席に乗ってた部下が、
「あ、あったこれです」と指さした。
途中高速パーキングで試してみたら本当に開いた。他にもいくつかボタンはあったが、壊れても困ると思い触らない。車好きの人から見れば信じられないかもしれないが本当だから仕方がない。

こんな奴ですから霊柩車に許可証が必要など知らない訳で、販売者でもあり、霊柩車を陸送してくれた人と事務所でお茶してる時に教えられた。
「霊柩車は初めてですか?」
「はい、初めてです。葬儀屋自体が初めてですけど――、」
「ところで霊柩の許可証は持ってますか?
「許可証ってなんですか? 車検さえ受ければ乗れるんじゃないんですか?」
「違いますよ、まず陸運支局に申請して、横浜で試験を受けて合格すると初めて乗れます」
「えっ、えーっ、そうなんですか、それって何をどうすれば良いんですか?」
「霊柩車は一般貨物自動車運送事業許可証が必要、ようは運送屋さんの許可です」
「それと群馬だから横浜の関東陸運局で試験を受けて合格しなければ許可はでません」
「でも1か月も勉強すれば受かるから、さほど難しくはないですよ」
「って事は動かすまでに数か月掛るって事ですか?」
「そうですね、今が10月だから2月の終わりか3月には動かせるんじゃないかな」
「はぁ、そうなんですかぁ、色々教えて頂いてありがとうございました」
「何か分からないことがあったら連絡してください」

こうして帰ったのですが、話しでは半年近く動かせないとしたら、雨ざらしだと稼働する前にピッカピカの車体が、くすんじゃうと思い、鉄パイプの骨組みに布カバーで覆うカーポートを注文しました。ナンバーが無いので駐車場の中しか動かせない。車は問題無いけど手続きは大変そうです。
「なんか聞いてるだけでスンゲー大変そうじゃねぇ」
「ですよね、でも買った以上は走れるようにしないと意味ないですよ」

ネットで調べると行政書士の手続き代行が30万円から50万円、結構大変かもしけないと思った。さらに登録免許税、車検費用、任意保険等を全て人に任せると150万円ほど掛るが、全て自分で行えば車両価格も入れて100万円で済む試算だから差額は100万円にもなると分かりました。お金が無いので当然、全て自分達で行うしかありません。

車で5分ほどの所にある陸運支局に行くと、つなぎ姿の人達が沢山いて全県から車検に来てるようです。我々は2階の事務所に行き一般貨物自動車運送事業許可証の申請方法を聞くと、車庫が必要、車庫前の道路状況図、仮眠室など、運送屋の開業は色々必要だし、一定以上の預金も必要、横浜での試験は60点以上と簡単そうですが、全て運送業の法規なので勉強しなければ絶対に受からないと言われましたが、僕より時間のある千明が試験は担当、毎晩参考書を読んで勉強してくれたお蔭で、12月中旬の試験は無事合格してくれました。

霊柩車の納車から数日後、注文したカーポートが届き、組立ようとしますが、駐車場のアスファルトが古すぎて弱くアンカーボルトでは止まらないと言われたが、どうせ数か月は乗れないなら、カーポート用の布で包めば雨風はしのげると、駐車場の片隅に2人で一生懸命に包んでおきました。

試験の合格証は年明け届き、各手続きをしても3月1日には始動できそうです。4か月ぶりで霊柩車を包んだ布を取り去る――、空っ風に煽られ車体を擦り続けたのでしょう。嫁に来た時はピッカピカで真っ黒だった車体は、一気に老け込み、擦り傷だらけで遠目はグレーに変身。その姿を見たら溜息しか出ません(ふぅ、 -_-;) 気を取り直し運転してみよう運転席に座り、キーを差し込んでエンジンを回すがウンとも、スンとも言いません、窓の外を見ると千明がニコニコしながら見ています。再度エンジンキーを回しますが静かです。・・・・バッテリーご臨終の瞬間でした。

バッテリーとタイヤ交換は想定内、ネットでバッテリーを購入、仮ナンバーを発行して貰い、ユーザー車検の予約をすると車体磨きの工場に入れて数日後――、また嫁に来た時と同じようにピッカピッカになった所で、ストレッチャー出し入れの練習をする。初めて使うストレッチャーの動きを確認すると、頭部を前にして乗せる時、手元レバーを引くとロックが外れ足が畳まれ、引き出す時は自動で足が開き一定まで開くとストッパーが掛かって閉じない仕組みです。ちょっと見は建築現場のパイプのようで安っぽいですが、全て揃えると当時の定価で70万円もします。

動きの理屈が分ったので何度か練習すると、千明が練習する番です。霊柩車のハッチバックを開けストレッチャーを引き出した途端、ガッシャーン!手前の足は出てますが、故人の頭部側の足が出ないまま引き出されたようで「あれ?」と言い再度同じことしますが、ガッシャーン!
「おいおい、故人乗せてたら頭から落下だぞ」
「ですよねぇ、おっかしいなぁ、もう一度やってみまーす」
続いて行うがまたもやガッシャーン!
「またかい・・・」
「あれー、何でだろう、よーしゆっくりやればいいんだ」
一人納得したように慎重にゆっくり引き出す、ガッシャーン!誰か乗せる前に壊されそうです。
「もしかして、最後までレバー握ってねぇか?」
「はい、しっかり握ってます」
「だからだよ・・・」
漫才のような練習でしたが、この練習後はガッシャーン!は無くなりました。さらに便利なスクープストレッチャー(縦割りになり、故人を寝かせたままストレッチャーに乗せられる)も購入した事でオークション落札の9月から5か月後の2月下旬ようやく営業ナンバーを付けた霊柩車として動けるようになり、2011年3月1日、念願の『5万円火葬支援パック』完成です。

タイトルとURLをコピーしました