第五話 老人との会話から『5万円火葬支援パック』を目指す

50年生きてきましたが、葬儀屋の事を考えた事は一度もなく、祖父母、叔父叔母、母親、姉、などの葬式で見た葬儀屋さんは、胡散臭い――、と思ってきたし、他人の死体など見たくもないし、死体を触るのも嫌なのですから、葬儀屋を自分でするなどもっての外だったのに、葬儀屋と寺の嘘が分かってから火がついてしまったのも事実――、だから利用者から見て良い葬儀屋さんを紹介すればと捜し歩きましたが見つからず、葬儀屋さんが狭い範囲で仕事をしてると知らず、最初から県内全域を対象とした事で、地域毎に依頼先を探し、施行依頼した葬儀屋さん達は地域の中では、間違いなく良い葬儀屋さんなのですが、段々と何かが違うと思えてくるのです。

この段階では何が違うか分っていませんでしたが、個々の葬儀屋さんには拘りがあります。返礼品はどうの、生花はどうの、湯かんは、など色々あって「うちはお茶に拘ってますよ」という葬儀屋さんも多いですが、ようは安くないけど旨いお茶を扱ってるという事を自信満々に語るのですが、本物のお茶好きは100g1万円のお茶でも普通に飲んでるわけで、その人達に言わせば、何処が良いお茶なんだ――、って言うだろうし、お茶好きで無い人なら、お茶はさほど飲まないし、お茶の味など分らなくて当然でしょ。だから葬儀屋の自己満足でしかないだろ? と思うわけです。

一事が万事で全てこれに近い感覚でどうにも納得できません。また初めは感動した綿衣裳ですが、結局料金に転嫁される訳だし、化粧を学んだ納棺師と素人なら納棺師のほうが綺麗に化粧するのは当然だけど、故人目線で考えたら、見ず知らずの納棺師がする化粧より、自分の娘や孫娘がしてくれる化粧のほうが嬉しいんじゃねぇか――、と思える。もっと言えば、豪華な葬式をして貰っても、葬式後の生活に支障が出たり、生活が大変になったら嬉しくねぇだろ――、と何かにつけて思う自分がいるのです。

ひとつ分ったのは、やっぱ俺は葬儀屋がしたい訳じゃないって事。本当は葬儀屋なんてしたくないけど、どうしてもするなら『対象の家族目線の葬式』これ以外はする気にならないと分りました。それからはNPO協議会、市民活動支援センターに足を運び老人を中心に色々な話しを聞きました。
10人、50人、100人と話しを聞いてると、話しの内容が重複してきます。
・葬儀代はいくら掛るのか?
・100万円あれば死ねますか?
・葬儀代が高過ぎる
・お布施が高過ぎる
葬儀屋さんは返礼品が、生花が、と自己満足を語ってますが、利用する側の老人たちは、ほぼ全てが料金、お金の話題で葬式内容うんぬんの話しは全く出ません。更には何百万円も掛る葬式が出せる余裕が無い、どうしたら良いか、困ってるという話題ばかりでしたが、この意見は納得できるものばかりでしたから、俺がするなら葬儀屋でなく、葬儀の支援だろうと思ってました。

ところが、葬儀支援ってなにさ、どうすれば良いのさ、何ができるのさ――、葬儀屋では無い葬儀支援ならと考えた途端、厚い壁に突き当りました。それでも話しを聞き続けてたある日、配偶者を亡くしたというお婆さんが、こんなことを言いました。
「お爺さんの葬式が済んでから、後期高齢者保険から7万円貰って助かったよ」
「えっ、葬式後に7万円貰えたの?」
「うん、そうだよ、でも近々下がるって言ってたよ。いくらか分らないけどさ」

すぐに市役所に向かい、国民健康保険課で話しを聞くと、2007年現在は葬祭費の名目で7万円支給されてるそうですが、2008年4月から5万円に減額されると分りました。ということは、5万円で焼くだけの葬式ができれば一銭も無くても死ねるという事です。これで目標が出来たと喜び勇んで戻り調べると、火葬だけの葬式(直葬)が20万円前後だと分かりガッカリ、と同時に焼くだけで何でそんなに掛るんだ? との疑問も生じ、直葬に掛る費用を全て調べる事から、葬儀支援は始まったのです。つづく

タイトルとURLをコピーしました