第四話 最悪な葬儀屋

近くの個人葬儀屋さんで施行依頼を済ませると、これで安心と一旦事務所に戻り、初めての葬式をメモしようと筆記用具を準備して自宅前の道路で暫し待つこと数十分、故人を乗せた軽自動車の寝台車が到着、ご遺体を運ぶ手伝いで初めてストレッチャーの片側を持ったが、大柄な故人だからか重い――、安置する部屋の布団まで運ぶと葬儀屋さんが、
「ちょっと待ってください」
車に戻ると紙で包んだ30cmほどの立方体の物を重そうに持ってきて縁側で開く、遺体冷却用のドライアイス2.5㎏×6本、それを1本づつ綿花で包んだ。それが業界の常識かもしれないが、事前に包んだ物を持ってきたほうが視覚的には良いと思った。

ドライアイスを身体の各所に当て、掛布団を掛けると経机と呼ばれる小さな机の上に、線香、香炉、アルコールランプ、りん、を置くと家族が一人づつ線香を供え始める。すると葬儀屋さんは、
「打合せが終わったら言ってください」
と言ったかと思うと、そのまま寝台車に乗って帰ってしまった。
『えーっ、打合せは俺らがするの???』葬式の打合せなんてしたことねぇし――、と心の中では叫んでも言葉には出せず覚悟を決めます。

家族と我々で座卓を囲んで座ると、葬式の打合せですが、お金が無いと聞かされ勧めたのは火葬だけのお葬式『直葬』です。そのまま死亡届出人欄の記入をして貰ったり、火葬予約をしている所へ故人の兄弟でしょうか、叔父さんと呼ばれる方が来て、直葬にしたと家族が話すと、
「俺が費用は出すから、葬式の体裁だけでもしろよ」

この一言で一般葬に決まりました。が、葬式の知識がありませんから、葬式を思い出し乍の打合せです。それでも葬儀屋さんが一通りのパンフレットを置いてったので、料理は一番安い弁当にしたり、香典返礼品は孫娘の旦那が贈答品屋勤務と分り全て持込して貰うなど決めたりしているうちに親戚の人達が集まってこられ、打合せし難い状況となったので叔父さんに言います。
「ところで菩提寺の布施はいくらくらいですか?」
「確か45万円だったと思う」
「なら、この時間を利用して、お布施の交渉に行きませんか?」
「お布施の交渉ができるかね?」
「余裕が無いって言えば宗教者なら引いてくれるでしょ」
知らないとは怖いもので、宗教者なら余裕が無ければ値引きは当然だろうと思い込んでたのが幸いし、45万円の布施を30万円値引きの15万円にして貰い当時は当然と思ってました。

自宅に戻ると親戚で座る場所さえ無い状態、打合せは少し時間をおいてしましょうと、一旦事務所に戻って葬儀社勤務8年の千明が葬式を思い出し、必要なことをパソコンで打ち出すと夜10時電話します。ちょうど親戚が帰った所と言われ、再度打合せに向かい、全ての打合せが完了したのは日付が替わってからでした。葬家の家を出ると、どしゃぶりの雨――、車に乗ると待っているであろう葬儀屋さんに連絡させます。すると組合の飲み会で伊香保温泉に来てるから、明日前橋に戻ったら内容は聞きますと言われたそうです。

仕方なく事務所に戻り、見れば分かるよう打合せ内容を全てまとめ終えたのは、そろそろ夜も明け始める午前4時、まだどしゃぶりの中、葬儀屋さんの郵便受けに投函したのです。

それにしてもドライアイスは包まず持ってくるし、安置した途端帰るし、打合せは全て任せて飲み会・・・葬儀業界ってこんなに適当なのかと思いましたが、業界でなく我々が依頼したのが最悪の葬儀屋だと痛感されられる葬式の幕が開けたのです。

葬式前日、逝去翌日は午後から湯かん納棺の儀です。
何処に座って良いか分らず、布団に寝た故人を家族親族が立って囲む後方に我々も立ちます。線香具など片づけた葬儀屋さんが
「只今より、湯かん納棺の儀を始めます。合掌!」
その場にいた全員が慌てて合掌すると、すぐさま
「なおれ!!」
余りに唐突な号令に、お前は軍隊長か! と心の中で突っ込みますが言葉に出来ません。

これで座るのかと思っていると、
「ちょっと待ってください」
と葬儀屋さんは外にいきます。葬儀屋の指示に従いキビキビ動いてる人がいますが、葬儀屋のスタッフか息子さんでしょうか、『こんな親だと子供は出来が良くなるのかな――、』そんな風に思いながら、親子の動きの違いを眺めてると、2人で棺を持ってきて故人の横に置きます。
『邪魔じゃねぇの? 先に棺に入れるのかな??』
案の定、集まった人達でシーツに使用してる搬送シートの取っ手を持って納棺し、息子さんが棺の中を整えていると、親父は布の切れ端のような物を出して言います。
「近しい方から順にどうぞ」
言われた家族は布を受け取りますが、どうして良いか分らず立っていると、
「それは手の辺に置いてください」続いて
「足の辺に置いてください」
「〇〇の辺に置いてください」
全て『辺に置いてください』で身体の上に白布の気れっ端が置かれ、最後に白い着物を全員が掛けると、上から棺用の布団掛けます。

「千明、あの白い布はなんだ?」
「安っぽいけど多分、白装束だと思います」
などと小声で話していると
「以上で湯かん納棺を終わります。合掌! なおれ!」 
「皆さんで線香を供えてください」
家族が線香を供える間、冷房の無い室内は暑く、外の風に当たろうと外に出ます。

「納棺はしたけど、湯かんってしたの?」
「いえ、普通湯かんは浄化綿で手足を拭く事ですからしてません」
などと話している、先程の息子さんが来て隣に立ちました。
「あ、始めまして、息子さんですか?」
「いえ、違います。私はスタッフの派遣をしてますが、今日は誰もスタッフがおらず来ました」
「あ、派遣会社の社長さんでしたか、失礼しました」
「いえいえ、とんでもありません」
と額の汗を拭きながら笑って名刺を渡されました。『だよなぁ、あの親にして、この子あらずだわ』

翌日は前橋斎場での葬式ですが、言われた時間に到着、お手伝いできる事があったらしようと思っていましたが、多分昨日の派遣会社のスタッフであろう男性がキビキビと動き回っています。葬儀屋の社長は何処にいるかと探すと――、いました。いました。会葬者出口にある灰皿の前で知り合いの葬儀屋さんらしき人と、タバコを吸いながら談笑してます。

次いで火葬中に食事する待合室に行くと、葬家の隣保班の人達がテーブルを拭いたり、座布団を並べたりしてましたが、我々に気づいた一人が来て
「市役所の方は休んでてください」
我々が何者か説明すると、
「あのー、うちの隣保はお茶入れしませんが、誰かいらっしゃいますか?」
「はい、分かりました。葬儀屋さんに伝えます」
その場を離れ、式場に行くと相変わらずタバコを吸って話してます。

「すみません。ここの隣保はお茶入れしないそうですから、誰か手配してください」すると、
「あ、それ我々の仕事じゃないですよ」
僕が見てる限り仕事は全くせず派遣スタッフに任せ、ずっとタバコわ吸ってるだけですから、ちょっとカチンと来てた事もあり、この一言でプチッと軽く切れます。
「我々の仕事じゃねぇ!? おい、いい加減にしろよ。誰の仕事かが問題じゃねぇだろ」
「誰かがしなきゃなんだから、葬式施行受けた以上は滞りなく進行してナンボだろうが」
「見てりゃ、タバコ吸ってるだけの自分がやりゃあ良いだろうが!」

一緒に話してた人はバツが悪そうに、その場を離れ、葬儀屋の社長はうつむいてるので当てに成らんと、千明にお茶入れするよう指示を出すと、顔を見てるだけで腹が立つので待合室に移動、すると千明から隣保の人達が入れてくれると言われたようです。
「代表が怒ってるのを誰か見てたようで、自分達がしますからって言ってくれました」

全てがこんな調子でしたが、何とか葬式は終了、翌日挨拶に来た葬儀屋の社長の顔をみると一言、
「やる気がねぇなら最初受けるなっ!」
「やる気はありすよぉ・・・」
この葬式は後日談があって、葬式が済んで何か月も経ってから、うちの奥さんから言われます。
「〇〇さんの葬式なんだけどさ」
「ん、あー6月のか」
「うん、最近になって私も分った事で、ご主人には言わないでくれって言われたけどさぁ」
「どう考えても納得できないから言うね」
「葬式のあと集金に来た葬儀屋が、あんしんサポートに紹介料払うからくれって言ったらしい」
「はぁ? なにそれ、自分の利益から払うのが当然だろ」
「でしょ。私もそう思ったから話したんだけどさ」

紹介料とは自社利益から出すもので、依頼者から取るなどあり得ません。この葬儀屋は紹介料以前に仕事に対する姿勢に問題があり過ぎて最初で最後の付き合いとなりました。この話しを奥さんから聞いたのは数か月後でしたから、さすがにクレームを言う時期は過ぎてました。
しかし反面教師として最高の葬儀屋とも言え『葬式の内容と料金は全ての葬儀社で違う』と分ったし『紹介できる葬儀社は決して多くないだろう』との思いも湧きました。このあとも紹介できる葬儀屋探しは続き、最終的には葬儀屋は紹介できないと判断する最初のきっかけの葬儀屋との出会いと言えるでしょう。つづく

タイトルとURLをコピーしました