第三話 不思議な出会いの始まり

前橋に戻ってからは、葬式関連の記事をネットで検索しまくりますが、???の連続でした。
『葬式のついての記述は宗教毎に全て違い何が正しいか全く分らない』
『堂々とマナーと書いてあるが、僕からみるとマナーとは思えない自称評論家と葬儀屋ばかり』
『更に結構狭い地域毎の習慣しかなく、日本全国統一された決まりは殆ど無いのが葬式のようだ』
この段階で、疑問と不信感が強くなり『何でもありか!?』と思い始め、一度葬儀社勤務の人から直接話しを聞いてみたいと思い、経営してた美容室の店長に聞いてみた。

「お客様の中で葬儀社勤務の人っていない?」
「それなら、たくさんいますよ」
「もしかして女性? っていうか小母さん?」
「そうですね、ほぼ小母さんです」
「そっか、ならさ、面倒くさい小母さんは嫌だから、自己主張の強くない人が来たら、一度事務所に連れて来てくれないかな」
「はい、わかりました。それらしい人が来たら声をかけてみます」

とりあえず対象の人が来れば声を掛けてくれるだろうから、それまでは調べられるだけ調べよう。と再度ネットや本で『葬式の事』『仏教、神道、キリスト教の事』更に『葬式で使用する道具類』など調べましたが、不思議な事に棺が何処で売ってるか分りませんし、仕入れ価格も分りません。これだけネットが普及しても分らない事はあるんだと驚きました。

それから暫くして、店長に連れて来られた小母さんがいました。金縁でピンク系の色が少し入ったメガネを掛けて、いかにも小母さんって感じの女性でしたが、話してみると癖はなく、聞き上手で、ど素人の僕の意見も黙って聞いてくれました。内心「素人さんは――、」と言われる覚悟でしたが、それもなく現行葬式の批判が大半だったにも関わらず、「そうですよね」「私もそう思います」と肯定してくれた事で「良かったらまた寄ってください」と調子に乗ったのが2番目の岐路だったと思います。

1番最初の岐路は『父親の最後を看取ってくれた人に逢いに行った事です』逢った事もなく、逢いたいと言われた訳でもないですから、逢う必要も無いし、妹のように少し腹立たしい人と思っても不思議ではないのに、何故か逢いに行った――、これが最初の人生の岐路でしょう。

その後、何度か事務所に顔を出してくれ、その度に好き勝手を言い続けたある日、その女性から、
「オーナーちょっと良いですか?」
「あ、はい、なんでしょう」
「実はオーナーの話しを聞いてると、毎回その通りと思う反面、私は会員さんを騙してるんじゃないかって思い始めたら、営業が出来なくなってるんです」
「あぁ、そうなんですか――、」
「そこでお願いなんですが、オーナーみたいな考え方の人が葬儀社をしたら、助かる人達が沢山いると思うんですけど、オーナー、葬儀屋を始めてくれませんか?」
「はぁ? 僕が葬儀屋ですか? 嫌ですよ、死体なんて見たくないし、葬儀屋嫌いだし――、」
「そうですよね・・・」

いやぁ、困った調子に乗って好き勝手言ってたせいで、仕事が出来なくなったのは俺のせいだ。
でも葬儀屋なんて絶対嫌だし、どうすれば良いんだろう・・・
「まずは一緒に葬儀業界の人達に話しを聞いてみるところから始めるのはどうでしょう」
「はい、わかりました。明日の朝、会社から出たら来て良いですか?」
「良いですよ、何時頃ですか?」
「10時30分くらいに出ますから、11時くらいだと思います」
こうして翌日から葬儀屋と寺周りが始まるのですが、これが千明(ちぎら)との出会いなのです。

今だから書けますが、翌日から動く事になったものの、どうしたものかと色々考えた結果思いついたのが『葬儀屋紹介業』でした。僕がこれだけ調べても分らない葬儀業ですから、一般の人達も同様だろうし、それが葬儀の何が分らないかさえ分からない現実ですから、自信を持って良い葬儀屋さんが紹介できれば千明1人位は食えるだろうと考えての行動です。

周辺地域の葬儀屋と寺は片を周って話しを聞かせて貰いました。実際は訪問した半数は話しが出来て、半数は門前払いに近い対応でしたが、行く葬儀屋の全てが同じ回答には驚きました。その言葉とは、
「うちは喜ばれてますよ」
これ以外の返答はありません。さすがに人の嫌がる仕事をする人達は人間ができてると感心したし、寺の住職も同様で――、
「布施はお気持ちですから――、」
「余裕の無い人からお布施は頂けないでしょう」
こんな話しを聞けば、誰だって素晴らしいと思うし、これなら自信を持って紹介できる葬儀屋さんと、お寺さんはいくらでもあるから、商売は長く続けられるだろうと意気揚々としていました。

ある程度、葬儀屋さん、お寺さんを周ると、次は葬式した人達に集まって頂いた結果、100名以上に直接話しが聞けました。ところが、初めは当り障りの無い受け答えをしてますが、時間が経つにつれ話しの内容が葬儀屋と寺への苦情に変化「葬儀代が高い」「お布施が高い」と言うのです。

我々が聞いた葬儀屋と寺の話しでは「うちは喜ばれてますよ」「お布施は気持ちですから」です。葬式した家族とは真逆の反応です。どちらかが嘘を言ってる訳ですが、家族達が僕に嘘をつく理由がありませんから、葬儀屋と寺は嘘つきと分り僕の中で何かが爆発、闘争本能に火がつきました。

とは言え、葬儀屋をする気はありませんから、紹介できる葬儀屋探しの範囲を拡大しました。ところが中々それらしい葬儀屋は見つかりません。それでも千明が食える仕事を考え、軌道に乗ったらすぐに手を引くつもりでしたから、いい葬儀社が見つからなかった場合も考慮して自社施行もできるNPO法人申請を4月に行いました。今月後半には法人設立となる6月、うちの奥さんと同じ職場の人のお爺ちゃんが亡くなり、お金も無いので安く葬式できないかと連絡がありました。

まだ紹介する葬儀屋は全くありませんが、葬式の実際を見るには良い機会だし、葬式なんて何処でも大差ないだろうと近くの葬儀屋に行き紹介料3万円で依頼、ところが、この安直な考えが大きな間違いと知ることになる。つづく

タイトルとURLをコピーしました