第二十話 我が天職「生き方の葬儀屋」を貫く(最終話)

52才まで葬儀屋とは無縁の人生、一般サラリーマン、役員サラリーマン、さらに代表取締役生活も20年と一通りの人生を歩み、役員、社長時代はそれなりの収入もあり、人から羨ましがられるほど恵まれた中年期でしたが、自分の中では何処か不完全燃焼感を感じ続けていました。正直なところ社長時代より、サラリーマン役員時代のほうが活き活きしてたように思えます。それでも何処か不完全燃焼感はあったのですから、人生はこんな感じで生きるものかと思ってた気がします。

ところが37年前、家業の倒産と同時に蒸発した父親逝去の一報からの流れは、考える余地もないほど強い流れで、気付いた時は「葬儀支援」の入り口に立たされてた気がします。自分の勝手な思い込みに過ぎませんが、きっかけが父親逝去の一報でしたから『これがお前の天職だよ』と父親に言われてるような気がした事もあってか、最初から全力疾走させられました。

現存しない葬儀支援を創り出すにも、前例は無く教師は存在しませんから、現状葬式の問題点、課題点を現場の反面教師から学ばせられ、何をどうすれば良いかは全て模索するしかありませんでした。その代わりとして――、葬儀支援を進める上で必要な人達との出会いを与えてくれた!? 14年経った今そんな風に思えるのです。先ほど言ったように思い込みに過ぎないのは重々承知の上、それでも不思議だし、あり得ない流れだったと思います。

自分が望んだ道でなく、忌み嫌ってきた職業のすぐ横に天職がある――、自分の能力では気づけませんが、無理矢理流されたら嫌でも見えてきます。元旦も含め10年以上休みもとれず、100回以上行った海外旅行にも行けず、24時間の仕事は酒も飲めず、寝不足、徹夜もあるし、僕の体調、都合は一切無視され、昼夜問わず拘束される日々なのに儲かるわけでもない。客観的に見れば、馬鹿げてるし、あり得ないし、好き好んですることじゃない――、そう思われて当然だし、お馬鹿さんに見えるかもしれませんし、本当にお馬鹿なのかもしれません。ところが嫌に成らず、生き甲斐を感じ、堂々と胸を張って生きられると感じるのですから、これを天職と呼ばず何なのか――、そう考えると、自分では気づけない天職に導いてくれた親父には感謝です。

但し寄る年波に勝てないと言いますが、僕も例外ではありません。どんなに若く見えようと66才である事は間違いないし、血糖値と肝機能数値は高めだし、この数か月は耳鳴りがしています。きっとこれからも故障は出てくるだろうし、2年前に胃癌除去してますから、何処かに癌が発症する事だってあり得るでしょう。でも時々来る同級生達を見た千明は言います
「本当に同級生ですか? ずっと年上の老人に見えますけど・・・」
我々を頼りにする会員さんが沢山いて老け込んでいられません。そのお蔭で若くいられるのでしょうから、支援するばかりでなく、しっかり恩恵も受けてるようです。

2030年代、団塊世代が80代に突入すると大変な時代になる。それまでに『家族の生活を脅かす葬式』から『残る家族の生活が守れる葬式』への転換をすべきと、14年前から言い続けてきた言葉に変りはありません。これで分るように葬儀支援最大の目的は――、

残る家族の生活が守れる葬式を創り出し、施行し世に広めることです
葬儀支援に於いて葬式は目的でなく、目的達成の為の手段でしかないのです
だから葬儀屋とは似て非なる存在だと言い続けてきたのです

あと10年は現場で踏ん張るつもりですから、その対策もしてきました。
① 事前相談してる会員以外は受けない(一般葬儀屋と立ち位置が違い過ぎる為、家族が戸惑う)
② 菩提寺の葬式は受けない(寺の生活を守る為に我が人生と命を賭けてる訳ではない)
③ 一般葬は受けない(一般葬をされる家族は余裕があるので何処の葬儀屋でも問題ない)
④ 簡単に言うと嫌な人の入会は受けない(嫌な仕事はストレスが数倍に増え健康に支障が出ます)
⑤ 逝去後の入会できません(逝去するまで死後の事を考えない神経は理解できません)

上記の当方都合を提示するからには、葬儀支援を必要とする家族が納得できるだけのものを備える必要があり、その全てを実現する為の14年間でもありました。

》追加不要で超低料金で、豪華な直葬パックの完成『直葬パック』  69,000円+税
》火葬+遺骨(散骨・永代供養墓・手元供養)『パック60』   100,000円+税
》豪華祭壇のある式場で読経、居士大姉戒名付き家族葬「1」    150,000円+税
》永代供養散骨(一部永代供養墓納骨可、一部手元供養可)     50,000円+税
》親族葬パック(一般葬儀社なら100万円では出来ません)     319,000円+税
》合同新盆法要(故人1名に付き)                 5,000円+税
》各年忌法要(式場使用料5,000円+税+宗教者謝礼35,000円)
》墓閉じ(一般の半額以下)
 ・墓撤去見積もりをとり、納骨数を確認、撤去+遺骨処理の総額見積もりを出す
 ・墓から出した遺骨を他の墓に移転は「改葬」と呼ばれ行政の許可が必要です
 ・墓から出した遺骨を「散骨」「手元供養」は改葬許可は不要です
 ・見積額で可能なら、初めて墓の管理者(寺・行政等)に墓閉じの旨を伝えます
 ・寺墓なら寺に、他は当方で閉眼供養(25,000円)
 ・墓閉じ、散骨等全て終了した時点で連絡します
 ★ 各パック掲載ページ

改めて書き出してみると、たったこれだけのものを創り上げるのに13年間を要しました。最初の目標は5万円火葬支援パックでしたが、その完成には3年掛かり、一般葬、家族葬など葬式依頼数が増え、利益が出れば、その分を値下げする――、これを繰り返した10年間ですから、依頼が増えても儲かることはありませんでしたが、究極と言える内容と料金の設定になり、ようやく葬儀社で追随できない葬儀支援にまで辿り着いたと自負しています。

あんしんサポートの葬儀支援を必要とする下記対象者の方は、遠慮せず、相談予約をしてください。
・自身や家族の死後費用に不安がある人
・現行の高額な葬式を否定する人
・お一人様、又はそれに準ずる人
・建前や見栄でなく、温かく送ってあげたい人

事前相談をし、入会をした時『これで安心』とホッとできたら葬儀支援の第一歩は目的達成です。一般葬儀社の入会は利用予定者を募るのが目的ですが、あんしんサポートは違います。少なくとも死後費用の心配だけはせず、安心して日々過ごせることが「事前相談、入会」の目的です。

「生き方の葬儀屋」とは、栃木県のある寺の住職が、葬儀支援内容を見たり、僕のブログを読まれ「商売になってない」ようするに儲からない事業をするのは、商売としてでなく、人生の生き方として行ってる人――、と、ご自身のブログに書かれたのを拝借したものです。それまで考えた事もありませんでしたが、言われてみれば「なるほどぉ」と納得の言葉でした。

最後に――、
少額年金で我慢しながら生活する独居老人は沢山います。一方で働けるのに働かず生活保護でパチンコしたり、悠々と生活する人も沢山いて、今の日本は決して平等ではありません。この根底にあるのは法律を作る人達、執行管理する人達は生活に困窮しておらず、理屈でしか分からないからです。言いたい事は沢山ありますが、いくら吠えても届きませんし、言えば言うほど腹も立ちます。でも、死後の心配をせず生きられる人をひとり、またひとりと増やす事なら僕にもできます。今の死後問題に一石を投じる事なら僕にも出来ます。何事も最初の一歩から始まります。

「誰もが死後費用の心配をせず生きられる世の中にしたい」

今自分にできる事を続け、次世代に繋げ、いつかそんな時代になってくれる事を願います

                         あんしんサポート葬儀支援センター
                               代表執行役員 武井 利之

タイトルとURLをコピーしました