第二話 父親の最後を看取ってくれた人

待ち合わせの日、関越、都内、神奈川と3時間ほどを走った午後、目的の駅に到着、少し早く着き、周囲を見渡しても、それらしきお婆さんの姿はありません。運転で疲れた身体を伸ばそうとシートを倒すと同時に携帯電話が鳴ります。
「武井さんですか、到着されたみたいですね」
「あ、はい、何処からの電話ですか?」
「すぐに近くにいますから車まで行きますね」
電話を切って間もなく、助手席側の窓を叩く音がコンコン、予想したお婆さんではなく、ちょっとおしゃれな小母さんが立ってます。
「武井さんですか?」
「はい、〇〇さんですか?」

とお互いを確認すると助手席に乗って貰い、落ち着いて話しのできる場所に案内して貰いながら、てっきりお婆さんだと思い込んでたけど、これなら先の人生を心配する必要も無さそうと、ホッとするし、さすが俺の親だわと思うと、少し顔がほころんでたようです。
「何かおかしいですか?」と言われ我に返り、
「いえいえ、ちょっと思い出し笑いです」と真面目な顔に戻します。

案内してくれたのはシティーホテルのロビーでした。軽音楽だけ静かだし、コーヒーも飲めるし時間も無制限ですから最適な場所です。BOXシートに向かい合って座ると改めて互いに自己紹介してから、父親が60才くらいで糖尿を発症し、その後は徐々に進行して70才を過ぎた頃は車椅子生活だったらしく、自分の死を意識すると近くの葬儀屋さんで全て自分で決め、どうすれば良いか書き記したようで、彼女は書いてある通りの葬式と散骨をしたようです。

父親は天涯孤独と言ってたらしく、妹は娘だと言わなかったようで、最初の1時間は突然現れて息子と言われても信じられないという顔でした。暫く話し少し緊張が解けた頃、改めて武井利之(としゆき)と、フルネームで名乗ると――、
「あ、その名前は何度も聞いてます。確か甥御さんだと言ってました」
「はぁ? 天涯孤独なのに甥ですか?」
「あ、ほんとだぁ、それって変ですよね」
と初めて見せた心からの笑顔、親父から聞いてた名前を言われ不信感も無くなったようです。話しの90%以上は彼女が話し、蒸発前の事は聞かれたら話す程度で、今思えば母親の話しは一切してないと思いますし、今さら過去の話しを聞かされたり、家業倒産で家族を捨て蒸発し、家族は大変な思いをした話など聞かせる必要は無い。今日逢った目的は、これから先の人生を彼女がどうするかの確認が目的ですから、妹に声を掛けずに来て正解です。それでも30有余年の話しは終わらず、部屋をとって徹夜で話しました。

知りませんでしたが、父親は青い海が好きで海外旅行もあちこち連れてって貰ったようで、思い出の写真も沢山持ってきてくれました。最後の旅行となったグァム島での写真は、頭にバンダナを巻き、年相応に老けてはいますが、僕の中にある37年前の父親そのままでした。写真には父親の他に数名の外人さんが写ってました。
「お知り合いの方々ですか?」と聞く僕に満面の笑みで――、
「いいえ、グァムで偶然知り合った人達ですけど、誰とでもすぐ親しくなっちゃう人でしたから」
と楽しそうに話す彼女の笑顔に何処かホッとしたものを感じます。
「あは、そうなんだぁ、実は僕も旅先で出会った人達とすぐに仲良くなれる奴です」と笑う――、
数時間前まで見ず知らずの僕と、今はこうして共通の人間である父親を介して楽しそうに話す自分にも納得したのでしょう。大きく笑顔で頷くと親子なのだと納得したようでした。

一通り葬式の話を聞くと、たった一人で火葬だけのお葬式のようで、見せてくれた写真には、自宅に置かれた棺の前に小さな机、赤いバラの花が飾ってあり線香具はありません。不思議に思って、
「線香は無いんですね」
「そうなんですよ。線香は要らない。菊も嫌いだから赤いバラにしてくれって言われました」
「そうなんですか。ところで遺骨はどうされたのですか?」
「彼の指示書にはハワイの海に全部撒くよう書いてありましたから、遺骨は葬儀屋さんに依頼して全粉骨にして貰って、リュックで背負って自分で撒いてきました」
「へぇー、散骨って本当にあるんですね。ところで父は全部撒けって書いてあったんですか?」
「はい、身体がバラバラにならないよう必ず全部撒くよう書いてありました」
「なるほどねぇ――、何となく分りました」
「葬儀屋さんに依頼してあると言っても、一人だけでハワイに行ったりと大変だったですけど、彼に言われた通りにできたし、今もこの場にいて笑顔で見守ってくれてる気がするんです」

経営者として、父親としての彼は決して褒められるものではありませんが、人生の最後を一緒に過ごした彼女には死後も温もりを残せたのが救いだし、互いに助け合い、信頼し合って生きて来た人生なのだろうことは容易に想像できるし、蒸発後の人生がたった一人で寂しく生きてた訳でなく、彼なりに謳歌した人生だったと思えた事で、一気に気が楽になったし、一緒に人生を歩んでくれた彼女に感謝です。

色んな話しを聞かせて貰った最後に――、
「父親がなぜ、あなたに背負わせ、全てハワイの海に散骨するよう指示したか分りますか?」
「身体がバラバラにならないようにでしょ?」
「いいえ、そうじゃないですよ。自分の遺骨を残したら、あなたの人生の足かせになるから、何も残さない選択、それを実感させる為、あなた自身に実行させたはずです」
「えっ、どういうことですか?」
「あなたが父親を大事に思ってくれたのと同じように、父親にとって、あなたは大事な存在だったんですよ。でも自分が守ってあげられないと分った時、自分の死後、あなたが自分に縛られて寂しく過ごすより、誰かに包まれて幸せに過ごすあなたを見るほうが気は楽です。その為の何も残さない選択です。だから父親の亡霊に縛られず、親父との思い出は心の中にしまって、毎日を元気な笑顔で過ごせる人生の選択が、父親に対する最高の供養だし、安心して成仏させられる事だと思いますよ」
そう伝えて、彼女との時間をあとにしたのです。

前橋までの数時間、この話しは妹には出来ないな――、それにしても、たった一人だけの火葬だけの葬式で、全て散骨の葬式なんて初めて聞いたけど、普通に考えたら質素で申し訳ないとか、後悔の言葉が出ても不思議じゃないのに、あんなに満足できるってどういう事なんだろう。どうも僕の知ってる葬式だけが葬式じゃないのは確か――、とにかく前橋に戻ったら葬式って何だろうって調べてみようと、沈む夕日に向かって帰路についたのです。 つづく

タイトルとURLをコピーしました