第十五話 合同新盆法要、合同永代供養墓法要

法人設立から5年目の4月、前橋から1時間の距離にある公営斎場で一般葬、居士大姉戒名の葬式で菩提寺の布施80万円と聞き高くて驚いたが、故人の新盆で盆だなを作りに行った時のこと、
「これで13日の朝、墓に行って線香を供え、提灯に火を入れ駐車場で一旦消し、自宅玄関前で改めて火を灯し、その火で仏壇か盆だなに火を点ければ迎え盆は完了、16日夕方、仏壇の火を提灯に入れ、玄関を出たら消して墓の駐車場で灯して墓に持っていき、その火で線香を供えれば送り盆は終了です。あとは坊さんが来て数分読経するのが一般的かな」
「でも、うちの寺は決められた日時に寺の本堂で合同新盆法要なんですよ」
「へぇー、神社の祈願みたいだね」
「お布施は5万円です」
「5万円もするの? なら昔みたいに自宅に来て読経は無いんだ」
「ううん、ありますよ。自宅に来て貰うと更に2万円だから7万円になる」

さすがに新盆、それも合同法要の5万円は高過ぎだろうと思いながらも、新盆法要の布施額を調べてみた。すると1万円~5万円くらいまであると分かった。そうかぁ、最高部類だけど無い訳じゃないんだ。それにしても10分、早ければ5分の法要5万円で高過ぎるし、どんな金銭感覚してる坊さんだ!? と人間性を疑うほどです。昔は数千円だから、せいぜい1万円じゃねぇかな、家族の新盆費用は馬鹿にならん――、

盆飾り、新盆返礼品は有料で葬儀屋が用意してくれるけど、読経は個々の菩提寺依頼だからなぁ、そう考えるとうちで葬式した家族が何処かの寺に頼んでも受けないし、仮に受けたら、その後は檀家扱いで費用が掛り続けるわけで、葬式の時だけの支援じゃ家族は守ってやれないな。なら低料金で合同盆法要すれば会員さんも喜んでくれるし、より葬儀支援が充実する。

そんな事を考えてた秋、お手伝いが一番多い寺の住職にお願いします。
「来年からの話しなんだけどさ、あんしん館で合同新盆法要しようと思ってんだけど、どう?」
「うん、いいんじゃねぇ。で、どんな風にするの?」
「毎年8月13日直前の友引で、午後1時から1時間おきで最終が午後6時の6回法要かな」
「友引なら基本葬式無いだろうし、盆前だから身体も空き易いでしょ?」
「1回に何軒の予定?」
「1軒4名で、2名式場、2名待合所、入れるには30名だから1回15軒が限界で最高90軒、入れ替えも考えると最大40分、流れは住職が考えてくれない?」
「うん、わかった、予定しておくよ」

2014年8月9日、初めての合同盆法要は故人1名3,000円(読経、位牌、提灯、蝋燭付き)で実施、予想以上に大変で疲れ『赤字』翌年から5,000円に変更し恒例となっています。

こうして始まったのが、新盆法要ですが参加費が安いからか、新盆だけでなく盆法要として毎年参加される方もいらっしゃいます。また盆法要を始めてから依頼する寺が絞られました。家族の身になれば、葬式してくれた住職のほうが良いですからね。

2020年4月に予定していた永代供養墓法要はコロナ感染の影響を受け中止、盆法要は8月だった為式場入室10名、最大1軒2名までの参加、午後1時から45分毎に5回で最終4時で実施、全ての時間帯が予約で埋まりました。2020年11月現在、コロナ感染は再度拡大しており、2021年1月~3月が今回のコロナ騒ぎ最大の山場だろうと推測、その後、もう一度波が来て終息――、個人的にはそんなシリナリオを想定してますが、もっと早い終息を願うばかりです。

タイトルとURLをコピーしました