第十話 あんしん館オープン

5万円火葬支援パックが完成すると、それなりに話題にもなり、NPO関連では千葉県の市会議員2名の方が主になり東京飯田橋で僕の講演会を開催、全国から数百名が参加してくれたのを機に、講習会の依頼があったりして、千明の食い扶持さえ確保すれば、すぐに手を引くつもりでしたが、そうもいかない雰囲気と、噂を聞き入会に来る人も増え始めた頃、国民年金で生活する老夫婦の相談で出た言葉は、
「基礎年金だけの生活は大変ですよね」
この何気ない言葉が相談のあとで気になって仕方ありません「大変ですよね」は間違いないと思いますが、言ってる当人は1,000万円以上の年収がある『どんな綺麗事を言っても偽善だなぁ』我ながら自分の発言に吐き気がします。

その晩から、どうしたものかと事務所であーだ、こーだと考える日々が続き出した答えは――、
・自分の生活を相談者と同じ目線にしなければ絶対に理解はできない
・美容師でも無い自分は700万円の出資だけで20年以上食わせて貰えた。これで充分だろう
・20年も頑張ってくれたスタッフに報いられる経営が続くのか?
・なら今のうちに店舗、顧客、全てを退職金代わりに渡したらどうか・・・
・しかし最大の収入源は絶たれるし、あんしんサポートは食える状況にない

とはいえ53才で冒険して失敗したら――、の不安もありましたが、今までの人生と同じように『流されてみるかぁ』と判断、株式会社は税理士に任せ今期決算に合わせて閉鎖するから、手続きが完了したら、今ある設備と顧客は全て無償提供するからと伝え、何かあれば来年4月の決算まで、その準備をしておくようスタッフに伝えた事で引き下がれなくなった。

この辺りも実に俺らしい。端的に言えば『流れには逆らわず乗ってみる』と『背水の陣』これが普通の能力しかない凡人の僕ができる経営術なのだと思います。ところが通達から1か月ほどした頃、相談があると聞くと、今の店舗は大き過ぎるし、家賃高くて払えないと思うので店舗を移動しても良いですかという話しでした。引き渡し後は自分で決めれば良いけど、移転は間違いないか確認すると間違いないと言う。契約では3か月前の通達で問題ないが、よりスムースに撤退、次の入居と流れるには早い段階で伝えておくべきと、2011年12月、来年8月の契約満了日に解約するから、それまでのに次の入居者を探しておくよう家主法人の担当者に伝えると、すぐ飛んできて、

「退去なんて言わずに、これからも借りてくださいよぉ」
「だーかーらー、電話で言ったように美容業は渡して、俺は葬儀支援一本にするからさ」
「なら葬儀支援で使えば良いじゃないですか」
「おいおい、よく考えろよ。俺が使ったら死体を運び込むんだよ。次に借りる人なんていねぇぞ」
「それでも良いですから――、」
「そっちは良くても、そんな金ねぇよ」
「なら、うちが改装して改装費は掛からないようにしますから、何年か家賃上乗せで――、」

この担当者は当時部長でしたが現在は社長です。
そんな会話を何度した事でしょう、この一連の流れは千明も横で見てましたから不思議がっています。結局、押し切られる形で、あんしん館図面は自分で書き、5年間だけ家賃5万円値上げで決まりです。ただ図面に書き忘れた、祭壇を置く式場ステージ、汗をかいた時に使えるシャワーユニットを追加したので、僕の出費は税込21万円だけで、30式場、安置室2、相談室1、待合所、駐車場20台のあんしん館を開設することができました。

結局、店舗の返却はなく、法人閉鎖には半年掛かり2012年10月31日付で法人閉鎖、あんしん館開設の11月1日改めて、あんしんサポートで契約、22年間代表取締役を務めた会社は閉鎖しました。

食えない葬儀支援事業と、家賃5万円値上げされた賃貸物件が残り、毎月最低でも50万円以上の出費は確定したにも関わらず、何故か不安に思うことはありませんでした。不思議なもので、あんしん館開設と同時に食えるようになるのですから、人生とは何が幸いするか分りません。あんしんサポートについては全て横で見て来た千明ですが、この辺りの流れは、いまだに不思議と言ってます。さらに、あんしん館開設直後、NHKの記者さんから連絡があり、取材要請を受け、放送の話しは次回です。

タイトルとURLをコピーしました