第一話 父親逝去の一報

 2007年9月夜、仕事から自宅に戻るとベッドサイドテーブルに一通の封筒が置いてある。
差出人名を見ると八王子裁判所の文字に『えっ!? 俺なにかしたか?』と思う自分に少し呆れてフッと笑いが出る。開封して中を確認すると家業のスーパーが倒産で蒸発した父親が遺言書を残したようで、開封に立ち会うか、委任状を書いて送付するよう即す手紙でした。

八王子にいたのかぁ――、家業倒産が中学3年15才の時、現在52才だから37年前の事です。指定された日時を見ると仕事で行けそうにありません。僕の所に手紙が来たって事は――、と隣接市の妹に電話すると同じ封書が届いているようで、すぐに話しは通じました。
「お前行くのか?」
「うん、行こうと思ってる。兄貴は?」
「仕事があって行けそうにない。全て任せるから行って貰えると助かる」
「分った、なら委任状渡して貰えば行ってくるよ」

電話を切ると37年前、蒸発した前日夜の記憶がよみがえる。いつもは部屋に来る事など無い父親でしたが、その日は珍しく僕の部屋に来て優しい笑顔で――、
「暫くぶりだけど元気にしてるか?」
「う、うん、突然どうしたの?」
「ま、たまにはな」と笑顔で続ける
「人生は色んな事があるだろうけど、お前は男だから、何があっても強く生きていくんだよ」
家業が倒産するなど微塵も考えてませんから『なんだよ突然・・・』と思いながらも、
「はぃ、はぃ、分ったよ」
父親は笑顔で「うん、うん」と頷いて部屋をあとにしたのが最後でした。

その翌日、午前零時を回ると1階店舗のシャッターが全て開けられ、それまで車の中で待機してた業者さん達が一斉に飛び出て、我先に商品や物品を持ち出す姿を、霧雨が降る中『これが倒産かぁ』と何処か他人事のような、夢のような感覚の中で眺めていた自分を思い出します。

業者さん達は真剣な顔で商品を持ち出しますが『そんなに慌てる事か?』と不思議に思いましたが、それから少しして、その理由が分りました。金融関係の人でしょうか、店だけでなく住まいにも来て、部屋にあるもの、壁の額に至るまで全てに価格を書いた赤い紙を貼っていきます。

当時37才の父親、怒ると怖いけど、普段は子煩悩で、社員さん達や周囲には、気前がいいと言うか、今思えば、お人好しとも、お調子者とも言える人だったように感じますが、僕にとっては自慢の父親でもありました。顔立ちは50代以上の人なら知ってる人も多い、ジェリー藤尾さんのような風貌でしたから、きっと女性は居ただろうと思いました。

指定日の翌日、妹に電話すると――、
「行ってきたけど、遺言書の中身はどうって事無くて、一緒にいたらしい女性と少し話したけど結構、良い生活してたみたいだし、国内外の旅行も行ってたみたいだよ」
ちょっと怒ったような言い方――、自分は蒸発しちゃったから良いけど、残った家族は大変な時を過ごしたと振り返ると腹立たしいのでしょう。妹の気持ちも理解出来ます。
「ところで、その女性との間に子供は?」
「いないみたいだよ」
「そっか、その女性の電話番号分るか?」
「分るよ。じゃあ言うよ」
と携帯電話の番号を聞くと早々に電話を切ったのは、父親の悪口を聞きたくなったからです。冷静に考えれば倒産前夜に自分だけ蒸発、倒産後の整理は全て家族に押し付けた父親への恨みつらみ、ある意味当然だろうし、不思議ではありませんけど、僕自身を振り返ると、倒産から30有余年、父親への恨みつらみを持った事もなく、たまには『どうしているだろう――、』と思う事もあり、10年ほど前に探してみようかと思った事もありましたが、よく考えると父親が僕を探すのは簡単なはず、しかし探さないのは彼なりの理由があり、探して欲しくないのかもしれない。家族を置いて逃げた父親だけど、きっと心の中が休まることは無かったろうと思うと、責める気になれませんでした。

それより気になったのは、父親が74才だとすれば、70才過ぎのお婆さんが一人残されたって事で、子供がいないとしたら、この先の人生どうするのだろうと思いました。僕には垢の他人ですが、父親の最後を看取ってくれた人は確かですから、とにかく一度連絡してみようと電話すると、今は地元の神奈川県に転居しているらしく、話しの流れて逢いに行くことになりました。つづく

タイトルとURLをコピーしました