辛いけど、しておかないと後悔に繋がる




自宅療養なら『死亡診断書』を書いてくれる医師の確保

》自宅療養、自宅での看護・介護が増えています

》救急車を呼べば何とかなる!?

・何ともなりません。 
 明らかに死亡から時間経過していれば、救急車には乗せてくれません。 
 隊から警察に連絡、捜査一課が入ります。その点は病院も同じです。

》警察は疑うことから始まります

・今は家族だから殺しはしないと言えない時代でもあり、警察は真相を解明するのが
 仕事ですから、自宅で逝去され警察が入れば、最低でも4時間は色々聞かれ、調べ
 られることになります。 
 自宅の検視だけで済めば良いですが、警察に連れていかれたら帰ってくる時は全裸
 だし、一歩間違えば強制司法解剖もあり得るのです。
 更に検案書(死亡診断書)は2.5万円~10万円の費用が掛かります。

》死亡診断してくれる医師を探しておきましょう

・突然依頼されても書いてはくれません。 事前の情報が無いのですから当然です。
 そこで事前に容体を看て貰い、夜間でも死亡診断に往診をしてくれる医師を探して
 おく必要があります。

》訪問看護、訪問介護をされてる人達が良く知っています

・通常大きな病院の医師は往診しません。 
 かといって小さな医院なら往診するとも限りません。
 特に夜間の逝去も考えられるので尚更です。
 直接医師に確認する方法もありますが、何軒も断られたら意気消沈って事になるし
 自宅療養では痰の吸引処置なども必要となります。 
 そこで訪問看護、訪問介護をする人達に聞けば、餅は餅屋で、どこの先生が親切だ
 とか、あの医者は面倒見が良くないとか教えてくれるでしょう。

貯金・定期預金・生命保険


》普通預金はカードを作成、定期預金は普通預金に変更しておきましょう

・家族の関係によっては難しい問題のひとつが預金の扱いです
・関係に問題なければ外出できるうちにカード作成しておくことです
・定期預金は普通預金にしないと、カードで引き出せません
・カードで一日に引き出せるのは50万円です
・法定相続人同士の仲が悪ければ尚更のこと、生前に引き出せるようしましょう

》生命保険は有る無しが第一ですが、受取人にも注意

・生命保険の引き落としがあればすぐに分りますが、満期になっていたり、終身保険
 の場合、家族が分らなければ掛け損となりますので注意。
 
・最近増えているのが、婚姻関係の無いパートナーとの同居や別居の場合、受取人を
 パートナーにしておかなければ、保険金は全て法定相続人に行くということです。
 対象者自身が受取人の生命保険も結構多いので確認しましょう

故人名義の自動車


》以外に面倒なのが故人名義の自動車

・亡くなった方名義の自動車は簡単に処分できません。
・法律制定が古く自動車が財産扱いの為、一旦相続してから、廃車、売却、使用する
 ことになります。
・本人が乗らなくなったら乗る人の名義にするか、廃車、売却しておきましょう

入会してるから、会員だから大丈夫、が後悔の始まり


》入会で安心せず、元気な時に気になる葬儀社巡りをすることです

・自分が入会している葬儀社で、葬儀をした人達の評価を聞くのが一番です

・お迎え先、安置方法、利用する項目を全く同じ条件で数件見積りして貰えば、料金
 体系が分ります。(最低価格帯の直葬見積りで充分に分るはずです)

・入会しているから安心、会員になっているから、積立があるから安心と言っていた
 人が葬儀後に後悔しているのに、何故か後を絶ちません。
 後悔したくないなら、全て事前に確認しておくことです

ページのトップへ戻る