墓の無い人は、墓をもたずに済む方法から考えましょう




墓閉じ・墓終い


》墓閉じは増え続けている

・誰でも知ってるように、日本は超少子化の超高齢化社会に突入しました。
 その影響の際たるものとして、年金の減額、保険料の負担増加などありまますが、
 墓守不在は急激な右肩上がりです。

 あんしんサポートで葬儀をされた方、事前相談に来られる方々の中でも、墓守不
 在だという老人、娘しかいないと言う親御さんはとにかく多いです

・また墓は子供が飛び立つ足枷になっているのも事実でしょう。

・墓を建てるなと言ってるのではありません。建てるなら先々の事も考慮が
 必要だってことです墓のある人は、どうしたら墓を守れるか考えよう考えよう。
  

少子化の中で墓を守る


》墓を守るためにすべきこと

・公営墓地、民間墓地、地域墓地、個人墓地なら問題ありませんが寺墓地の場合は、
 墓を守る為に一族が入れるか、もしくは縁ある人なら誰でも入れる墓でなければ、
 と確認をしてください(住職が先の見える人なら理解を示してくれるはずです)

・「〇〇家の墓」を止め好きな文字や、言葉を入れて「絆墓地」に変更します
・兄弟姉妹は勿論、従兄妹、甥姪、叔父叔母など一族で墓を守っていく気にならなけ
 れば墓は守っていけない時代なのです

賢い墓閉じの仕方



・墓閉じの基本は更地にして返却する事(通常墓は永代使用権のみ取得です)
・墓を更地に戻し墓石の撤去と処分費用の見積もりをとります
 (見積金額では無理なら、先に延ばすしかありません)
・埋葬してある遺骨の供養方法と料金を調べます
・撤去+遺骨+閉眼供養(1万~3万)=墓閉じ総額が可能な金額なら墓閉じ開始です
・寺に行き墓守不在の現実を話し、更地にして戻す為の閉眼供養を依頼します
・閉眼が済めば石屋さんの仕事です(墓の建ってる場所と石の量で料金は全く違う)
 最も安価なのは道路脇でクレーンで吊れる場所の墓です
・閉眼供養が済むと石屋さんに遺骨を出して貰い、供養処理して貰う所に持っていく
・群馬県内の方なら、あんしんサポートで見積もりできます(1万円)
 (見積り後、すぐに墓閉じする場合は1万円は引いてくれます)

ページのトップへ戻る