ご質問は下記アドレスまで
info@ansin-sien.net

葬儀Q&A

葬儀Q&A-7 賢い墓閉じの方法(管理者別)

墓閉じは年々増えています。
》墓守不在の現実(自分達が元気で収入があるうちに処理しておきたい人が多い)
》寺との縁切りたい(この理由は、あえて書く必要も無いほど分っていることでしょう)

》墓閉じには「改葬」と「非改葬」の二種類あります
》墓から別の墓に移転することを「改葬(かいそう)」と呼び、退去や撤去する墓のあった行政の許可
 が必要です
》公営、民間、寺、地域、樹木葬など墓の種類は問わず、「散骨以外」と「手元供養」以外は「埋葬等
 に関する法律」に触れる墓のため「改葬対象」です
》墓から出した遺骨を「散骨」か「手元供養」は改葬にあたらず行政の許可は不要です

最近増えている「無縁墓」ですが、相手が行政の公営墓地は管理費が溜まり続け、一定年数以上放置すれば利息も加算されることになり、最終的には高額な支払いを要求される事もありますので、できる限り規定に沿って墓閉じを進めるべきでしょう。 

墓撤去費用を見積りして貰います(依頼する石屋により3倍の価格差は普通にでます)
納骨されている遺骨処理費用を出します(散骨、永代供養墓納骨などの費用、骨壺数×単価です)
 (永代供養墓納骨は1体数万円から100万円以上と差があるので注意)
》墓撤去と遺骨処理の総額が出たら、費用面で可能か不可能かの答えを出します
》可能なら墓所管理者に墓閉じを申し出る(金額的に無理なら管理者には黙っています)
》墓閉じに理由は不要ですが寺には「改宗」「墓守不在」のためと伝えるのが無難です
》僧侶に「閉眼供養」を依頼(1万円~3万円)閉眼読経が無いと石屋が入りません
》寺が離檀料を請求したら何もせず放っておきましょう(普通入檀時に離檀料契約はない)
》墓撤去業者の選択で100万円の差額は珍しくありません
(改葬でない場合、全て手元供養は無理があり、散骨費用も考慮する必要があります)

墓閉じは年々増えているのが現実であり、その多くは墓守がいない為です。 自分の墓を子供に相談せず建てる方もいますが、根本的に間違ってます。 墓は事前に子供達と良く相談してから決めるべきで、例え子供が中学生だとしても相談はすべきです。 墓を建て、誰も入らぬまま墓閉じする家族がいくらでもいますが少なくとも100万円は無駄にした事になります

あんしんサポートが「散骨場」と「永代供養墓」を所有している理由

「代々受け継げる時代は終わった」
墓先祖代々受け継ぐのを前提として建ててきましたが、少子化が進む今では墓守不在は珍しいことではありません。 この現実から目を背けてはなりません
「寺も含め全ての墓は遺骨の最終処理はできない」
墓に納骨した遺骨の最後はどうなるの? 今は寺も跡継ぎがいない時代で廃寺も増えてます。 とすれば寺にある遺骨はどうなるか? 残念ながらそのまま放置するしかありません。 また永代供養墓に納骨した遺骨は、5年~最大33年保管した後、遺骨置き場に混同して置かれいつまでも放置されることになります。
「真っ暗、湿気、虫が這ってる墓に入りたくない」
この仕事を始めてから墓の中を見る機会が増えれば、増える程、真っ暗で、骨壺の遺骨はびしょ濡れになり、墓の中は虫が這ってるような場所に入りたくないと思い建てたのが永代供養墓ですから、地下でなく地上に建て、若干の光が入り、中に人が入れ、棚に湿気に強い専用容器で少量保管しています。
「誰でもいつか墓参りできなくなる」
人はいつか墓参りが出来なくなります。 その時は永代供養墓から出して自宅仏壇等で手元供養できるようにしてあるのが、あんしん一樹の陰永代供養墓です。 墓から出して手元供養なら行政の許可不要ですから面倒な手続きありません。 
「転居、転勤、海外にも持っていける」
人生の中で遠方に転居、転勤する人は珍しくありません。 中には海外転勤もあります。 そんな時でも簡単に持って行けるサイズと量で納骨してあります。 勿論、火葬証明書も腐らないようビニール袋に入れ容器内に入れてあります
「最後は散骨で自然に還す」
あんしんサポートでは最大33回忌まで納骨できます(1家族年会費2.000円のみ)
です。 33回忌が済んだ遺骨は全て粉骨にして当方散骨場に散骨する事になっています

13