ご質問は下記アドレスまで
info@ansin-sien.net

「あんしんサポートの直葬パック」

》1~10が最低限必要な項目です
1「お迎え搬送」(時間帯・走行距離の加算に注意)
2「安定枕付き搬送シート」(安定枕は故人の頭部を安定させられ、時に保冷剤も頭下に置けます)
  「祭壇前での納棺」(あんしんサポートの場合で、祭壇前での納棺は絶対に必要ではありません)
3「安置所48時間」(死亡後24時間以内の火葬は法律で禁止、通常48時間必要です)
  「口閉じ処置」(口が閉じれば故人は穏やかに見えます。エンゼルバンドは確実に閉じません)
4「48時間分の保冷剤」(ドライアイス又は遺体用冷蔵庫)
5「線香具一式・末期の水」(仏式、神式では米と榊となります)
6「山型フタ付き白布6尺棺」(布棺で無くても問題ありませんが、違和感が無いのは布棺です)
 ※身長180cmでも膝を曲げれば6尺棺で対応できます
7「死亡届代行(コピー1枚)」(原本は役所に提出しますからコピーは1枚必要です)
8「火葬予約」(死亡診断書記載の死亡時刻から24時間以内の火葬できません)
9「火葬場棺搬送」(走行距離の加算に注意)
10「白7寸骨壺(銀張箱付)」(大きな人でも特大8寸は要りません。 関西は4寸が基本)
  「火葬中の待合所」(火葬場により1名でも有料待合室料金が掛る場所もあります。清掃必須)
  「火葬料」(火葬料は市民無料、申請者市民なら誰でも無料、有料と各々全て違います)

》逝去連絡(逝去後は時間問わず、お迎え可能時間を確認してから迅速に当方まで電話連絡)
》死亡診断と遺体処置(死亡診断は医師のみ、逝去後の遺体処置に1時間ほど必要)
》寝台車お迎え、搬送シートに包んで遺体搬送(遺体搬送には死亡診断書携帯が義務)
 ・病院、施設等へ自家用車で行ってる場合、寝台車に同乗する必要はありません
 ・深夜早朝追加料金が多い、正月追加もあり(当方は一切追加ありません)
 ・寝台、霊柩車搬送に距離指定があれば追加の可能性大(当方は白色地域へのお迎え1万円加算)
》前橋あんしん館の式場に搬送
》祭壇前で納棺安置、祭壇には30万円相当の供物あり購入無用(6尺山型フタ付き白布棺使用)
》末期の水をとり、線香を供えます(線香具一式、末期の水セット)
》死亡届出書記入(要認印)(火葬中にコピー1枚渡します)
》48時間以内に必要なドライアイス又は遺体用冷蔵庫使用
》6.9万円パックは安置後逢えません(次は斎場で火葬前にお別れ)
》7.9万円パックは納棺安置ですが、午前10時~午後7時の間は自由に逢えます
》8.9万円バックは個室ベッド安置、午前10時~午後7時の間は自由に逢えます
》役所への死亡届出代行、火葬予約は当方にて行います
》予約日時に合わせ斎場まで棺搬送(斎場毎に当方指定場所で待ち合わせます)
 ・当方は白色地域での火葬は死亡届提出、霊柩搬送と2回出向く為2万円加算)
》最後のお別れをして火葬(生花は入れられます。火葬時間は斎場により60分~90分)
》火葬中は無料休憩所にて待機(高崎斎場は1名でも有料待合室を借り、使用後清掃あり)
》火葬中を利用して、集金、葬儀後の各手続相談など行います
》火葬後は拾骨して全て終了です(白7寸骨壺、銀張箱付き)

※寝台、霊柩の指定走行距離が10kmなら追加必須(車庫、病院、安置所、車庫の合計距離計算)
※上記以外、例えば遺影、位牌、白装束、読経などは無くても全く問題ありません
※火葬料金が別途必要な火葬場あり ※地域図はホームページ全項目単価下段に掲載してあります

》人の死は特別なものでなく、誰にでも必ず訪れるものです
》多くの人は病院、施設でお世話になり高額な費用が掛ったあとの死です
》家族の財布事情が厳しくでも不思議ではありません
》ゆえに最低限必要な項目だけの「6.9万円火葬パック」を設定しています
》家族の死後費用に怯える事なく、対象者も不安なく安心して余命を生きて欲しいからです
》また無信仰や信仰的に火葬だけで良い方々にも必要なパックです
》国保(後期高齢者)から支給される葬祭費5万円に2.5万円ほど足せば税込で火葬は可能です

》火葬場毎に規定は違いますが、生花が駄目な火葬場は群馬県内にありません
》食べ物、薄い洋服、手紙などは安置所の段階で入れるなら大抵は可能です
》金属、プラスチック、メガネ、カーボンなどは全て駄目、また書籍は燃え残るため駄目です
》棺に入れられる物は斎場毎に違いますから、利用する葬儀社に確認しましょう

ホームページにあるNHK動画でも言ってるように設立から3年後「5万円火葬支援パック」完成、目的は国保から支給される葬祭費5万円だけで可能なら一銭も無くても死ねる。 これなら死後費用の心配をしながら生きる事もないわけですが、消費税が5%から8%に引き上げられた際、葬儀用品の便乗値上げで継続困難となり、試行錯誤の結果、現在の6.9円+税での設定となりました。 10月の消費税10%への引き上げによる便乗値上げが懸念され、何処まで原価に跳ね返るかですが、できるなら消費税の引き上げだけで済んで欲しいものです

低料金のように見せて「ドライアイスが無い、足らない」「安置施設が無い」「霊柩車は別途」「搬送距離や時間帯で追加」などなど、最終的には決して安くないパックはいくらでもあります。 提示料金でなく、最終支払い料金を確認しましょう。